スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ESX/ESXi へのパッチのインストール

  • Day:2012.08.06 01:39
  • Cat:VMware
ESX/ESXi へのパッチのインストール手順です。

ESX/ESXi へのドライバのインストール手順についてはこちらの記事を参照ください。VMware vSphere のバージョン確認方法についてはこちらの記事を参照ください。

パッチのインストール

ここでは vCLI コマンドを使用してパッチをインストールします。必要なパッチは VMware のダウンロードサイトからダウンロードします。

<注意>
ESX/ESXi 4.1 と ESXi 5.0 では、パッチのインストールに使用する vCLI コマンドが異なります。


ESX/ESXi 4.1

ダウンロードしたパッチファイル (ESX410-201205001.zip) は C:\WORK ディレクトリに保存しているとします。

vCLI コマンドプロンプトを開きます。
メンテナンスモードに切り替えます
> cd bin
> vicfg-hostops.pl --server <server> --username root --password <password> -o enter
Host <server> entered into maintenance mode successfully.

対象ホストのパッチのインストール状況を確認します

> vihostupdate.pl --server <server> --usernane root --password <password> -q
---------Bulletin ID--------- -----Installed----- ----------------Summary-----------------
ESX410-Update02               2012-05-xxTnn:nn:nn VMware ESX 4.1 Complete Update 2

パッチをインストールします
> vihostupdate.pl --server <server> --usernane root --password <password> -i -b C:\WORK\ESX410-201205001.zip
Please wait patch installation is in progress ... ← 結果を確認します
The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.

再起動が必要なので、再起動を実施します
> vicfg-hostops.pl --server <server> --usernane root --password <password> -o reboot

再起動後、パッチが適用されたことを確認します
> vihostupdate.pl --server <server> --usernane root --password <password> -q
---------Bulletin ID--------- -----Installed----- ----------------Summary-----------------
ESX410-Update02               2012-05-xxTnn:nn:nn VMware ESX 4.1 Complete Update 2
ESX410-201205401-SG           2012-08-xxTnn:nn:nn Updates VMkernel, VMX, and others

メンテナンスモードを解除します
> vicfg-hostops.pl --server <server> --username root --password <password> -o exit
Host <server> exit from maintenance mode successfully.


ESXi 5.0

はじめにダウンロードしたパッチファイルを ESXi のデータストアにアップロードします。
ここではデータストア datastore1 にパッチファイル (ESXi500-201205001.zip) をアップロードしています。
esxidbw.png

vCLI コマンドプロンプトを開きます。
メンテナンスモードに切り替えます
> cd bin
> vicfg-hostops.pl --server <server> --username root --password <password> -o enter
Host <server> entered into maintenance mode successfully.

対象ホストのパッチのインストール状況を確認します

> esxcli.exe --server <server> --username root --password <password> software vib list
Name                  Version                             Vendor  Acceptance Level  Install Date
--------------------  ----------------------------------  ------  ----------------  ------------
ata-pata-amd          0.3.10-3vmw.500.0.0.469512          VMware  VMwareCertified   2012-05-xx
(省略)
ehci-ehci-hcd         1.0-3vmw.500.0.0.469512             VMware  VMwareCertified   2012-05-xx
esx-base              5.0.0-0.0.469512                    VMware  VMwareCertified   2012-05-xx
esx-tboot             5.0.0-0.0.469512                    VMware  VMwareCertified   2012-05-xx
(省略)
tools-light           5.0.0-0.0.469512                    VMware  VMwareCertified   2012-05-xx

データストアにアップロードしたパッチファイルの内容を確認します
パッチファイルのパスは下記の書式で指定します
/vmfs/volumes/データストア名/フォルダ名/ファイル名 または [データストア名]フォルダ名/ファイル名
> esxcli.exe --server <server> --username root --password <password> software sources vib list -d [datastore1]ESXi500-201205001.zip
Name                  Version                          Vendor  Release Date  Acceptance Level  Status
--------------------  -------------------------------  ------  ------------  ----------------  ---------
ata-pata-atiixp       0.4.6-3vmw.500.0.0.469512        VMware  2011-08-19    VMwareCertified   Installed
scsi-rste             2.0.2.0088-1vmw.500.1.11.623860  VMware  2012-02-17    VMwareCertified   New
esx-base              5.0.0-1.13.702118                VMware  2012-04-30    VMwareCertified   Update
scsi-hpsa             5.0.0-17vmw.500.0.0.469512       VMware  2011-08-19    VMwareCertified   Installed
(省略)
scsi-megaraid-mbox    2.20.5.1-6vmw.500.0.0.469512     VMware  2011-08-19    VMwareCertified   Installed
Status が New または Update が適用可能なパッチになります

パッチファイルを適用します
> esxcli.exe --server <server> --username root --password <password> software vib update -d [datastore1]ESXi500-201205001.zip
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective. ← メッセージ内容を確認します
   Reboot Required: true ← 再起動必要の有無を確認します
   VIBs Installed: VMware_bootbank_ehci-ehci-hcd_1.0-3vmw.500.1.11.623860, VMware_bootbank_esx-base_5.0.0-1.13.702118, (省略) ← インストールされたパッチ
   VIBs Removed: VMware_bootbank_ehci-ehci-hcd_1.0-3vmw.500.0.0.469512, VMware_bootbank_esx-base_5.0.0-0.0.469512, (省略) ← 更新されたので削除されたパッチ
   VIBs Skipped: VMware_bootbank_ata-pata-amd_0.3.10-3vmw.500.0.0.469512, (省略), VMware_bootbank_scsi-rste_2.0.2.0088-1vmw.500.1.11.623860, (省略) ← 適用を除外されたパッチ
esxcli software vib update コマンドは更新パッチのみ適用します
New を適用するには esxcli software vib install を実行します

この環境 (ハードウェア構成) では
scsi-rste は不要なのですが、検証を兼ねて個別パッチのインストールを実施します
> esxcli.exe --server <server> --username root --password <password> software vib install -d [datastore1]ESXi500-201205001.zip -n scsi-rste
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: VMware_bootbank_scsi-rste_2.0.2.0088-1vmw.500.1.11.623860
   VIBs Removed:
   VIBs Skipped:

再起動が必要なので、再起動を実施します
> vicfg-hostops.pl --server <server> --usernane root --password <password> -o reboot

再起動後、パッチが適用されたことを確認します
> esxcli.exe --server <server> --username root --password <password> software vib list
Name                  Version                             Vendor  Acceptance Level  Install Date
--------------------  ----------------------------------  ------  ----------------  ------------
ata-pata-amd          0.3.10-3vmw.500.0.0.469512          VMware  VMwareCertified   2012-05-xx
(省略)
ehci-ehci-hcd         1.0-3vmw.500.1.11.623860            VMware  VMwareCertified   2012-06-xx
esx-base              5.0.0-1.13.702118                   VMware  VMwareCertified   2012-08-xx
(省略)
scsi-rste             2.0.2.0088-1vmw.500.1.11.623860     VMware  VMwareCertified   2012-08-xx
uhci-usb-uhci         1.0-3vmw.500.0.0.469512             VMware  VMwareCertified   2012-05-xx
tools-light           5.0.0-1.12.653509                   VMware  VMwareCertified   2012-08-xx
Install Date の日付を確認します

メンテナンスモードを解除します
> vicfg-hostops.pl --server <server> --username root --password <password> -o exit
Host <server> exit from maintenance mode successfully.
メンテナンスモード解除後、不要になったパッチファイルをデータストアから削除します。

<注意>
メンテナンスモード中は、データストアブラウザでファイルを削除することはできません。



パッチのインストールとアップデート

ESXi 5.0 にパッチを適用する esxcli software vib コマンドには install と update の 2 つのコマンドがあります。

それぞれの違いは下記のとおりです。
コマンド 内容
esxcli software vib install
  • モジュールのバージョンに関係なく上書き・新規インストールをおこなう
esxcli software vib update
  • モジュールのバージョンの比較をおこない新しいバージョンのみインストールする
  • モジュールの新規インストールはおこなわない


動作検証

ESXi 5.0 で HP Smart Array P410 のドライバ hpsa をアップデートします。
インストールする hpsa ドライバの最新は 5.0.0-28 ですが、アレイカードのファームウェアバージョンが 5.70 未満なので 5.0.0-24.0 を選択しました。

動作検証は vCLI コマンドプロンプトではなく ESXi のコンソールからおこないました。必要なドライバファイルは ESXi のデータストア上にアップロードしているとします。

ESXi のコンソールに接続します。
現在のドライバのバージョンを確認します
# esxcli software vib list | grep hpsa
scsi-hpsa             5.0.0-17vmw.500.0.0.469512          VMware  VMwareCertified   2012-05-xx

既存のドライバを最新に更新するので update でも install でも結果は同じです
# esxcli software vib update -d /vmfs/volumes/<path>/hpsa-500-5.0.0-offline_bundle-537239.zip
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: Hewlett-Packard_bootbank_scsi-hpsa_5.0.0-24OEM.500.0.0.406165
   VIBs Removed: VMware_bootbank_scsi-hpsa_5.0.0-17vmw.500.0.0.469512
   VIBs Skipped:

再起動後、ドライバが更新されたことを確認します
# esxcli software vib list | grep hpsa
scsi-hpsa             5.0.0-24OEM.500.0.0.406165          Hewlett-Packard  VMwareCertified   2012-08-xx

古いバージョンの hpsa ドライバを含む ESXi のパッチを install でインストールします
# esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/<path>/ESXi500-201207001.zip
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: (省略), VMware_bootbank_scsi-hpsa_5.0.0-17vmw.500.0.0.469512, (省略)
   VIBs Removed: Hewlett-Packard_bootbank_scsi-hpsa_5.0.0-24OEM.500.0.0.406165, (省略)
   VIBs Skipped: (省略)
ESXi のパッチに含まれている古いバージョンの hpsa ドライバが上書きでインストールされます


上記の状態で、最新の hpsa ドライバを update でインストールします

# esxcli software vib update -d /vmfs/volumes/<path>/hpsa-500-5.0.0-offline_bundle-537239.zip

再起動後、ドライバが更新されたことを確認します
# esxcli software vib list | grep hpsa
scsi-hpsa             5.0.0-24OEM.500.0.0.406165          Hewlett-Packard  VMwareCertified   2012-08-xx

その後、古いバージョンの hpsa ドライバを含む ESXi のパッチを update でインストールします
# esxcli software vib update -d /vmfs/volumes/<path>/ESXi500-201207001.zip
Installation Result
   Message: Host is not changed. ← 更新がなかったことが確認できます
   Reboot Required: false
   VIBs Installed:
   VIBs Removed:
   VIBs Skipped: (省略)
最新のドライバがインストールされているので update では更新されません
上記から esxcli software vib install では意図しないモジュールの入れ替えが発生する場合があります。パッチの適用は esxcli software vib update で実施することをおすすめします。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。